10年保証
保証対象部分 基本的性能 保障期間 性能基準
基礎

(基礎及び基礎ぐいをいい、アプローチ、ポーチ、玄関土間、犬走り、テラス等は含まない。)
上部構造の
水平支持
10年
基礎は、沈下、不等沈下等により、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、基礎にコンクリートの収縮による軽微な亀裂が生じるのは、通常避けることができない現象であり、基本的性能を損なうものではありません。

(現象)

  1. 住宅の廻りの段、踏段が著しく隆起し生活に支障がある。
  2. 住宅の給・排水に支障が生じている。
  3. 1階の床に不陸が生じている。
  4. 屋根の排水が困難になっている。
  5. 基礎に構造亀裂が発生している。
  6. 建具の開閉が困難で調整が不能である。
  7. 住宅が傾斜し通常転がらないものを机等の上に置いた場合、転がって止まらない。
  8. 基礎に一部に遊びが生じている。
  9. 補修費が、再建築費の20%以上になる損害が生じている。
柱・はり等

(土台、柱、はり、桁、筋かい等をいう。)
荷重の支持
10年
柱、はり等は、傾斜、たわみ、破損等により、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、柱、はり等に木材の乾燥による亀裂又はコンクリートの収縮による亀裂が生じるのは、通常避けることができない現象であり、基本的性能を損なうものではありません。

(現象)

  1. 建具の開閉が困難で調整が不能である。
  2. 柱、はり、壁に構造亀裂、ねじれ、脱落等が生じている。
  3. 通常転がらないものを机等の上に置いた場合、転がって止まらない。
  4. 補修費が、再建築費の20%以上になる損害が生じている。

(表面仕上部分を除く。)
水平支持
10年
床は、不陸、たわみ、破損等により、、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。

(現象)

  1. 建具の開閉が困難で調整が不能である。
  2. 通常転がらないものを机等の上に置いた場合、転がって止まらない。
  3. 歩行等に伴う振動が著しい。
  4. 床に構造亀裂が発生している。
  5. 補修費が、再建築費の20%以上になる損害が生じている。

(内装、外装の表面仕上部分、開口部分、建具を除く。)
荷重の支持
10年
壁は、傾斜、たわみ、破損等により、、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
なお、コンクリート、しっくい等による壁に、材料の収縮による軽微な亀裂又はすき間が生じるのは、通常避けることができない現象であり、基本的性能を損なうものではありません。

(現象)

  1. 建具の開閉が困難で調整が不能である。
  2. 壁に構造亀裂が生じている。
  3. 壁の面外にたわみが生じている。
  4. 前2・3が原因となって表面仕上材が破損している。
  5. 補修費が、再建築費の20%以上になる損害が生じている。
防水
10年
 外壁は、雨水が浸水して室内仕上面を汚損し、又は室内にしたたるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
屋根

(下地及び仕上部分をいう。)
防水
5年
機構が別に定める屋根仕様の場合には10年
屋根は、雨水が浸水して室内仕上面を汚損し、又は室内にしたたるまで、基本的性能が損なわれてはならない。
屋根

(下地及び小屋組を言う。)
荷重の支持
10年
 屋根は、破損、たわみ等により、、次のような現象が生じるまで、基本的性能が損なわれてはならない。

(現象)

  1. 部材又はその接合部に構造的破損が生じている。
  2. 補修費が、再建築費の20%以上になる損害が生じている。

[免責事項] 次の場合に発生した性能基準違反については、登録業者に補修の責任はありません。

  1. 保障期間2年経過後に生じた白蟻等の食害が原因の場合
  2. 保障期間2年経過後に建具から雨水が浸水した場合
  3. 植物の根等の成長が原因の場合
  4. 竣工後、ベランダ、物干もしくは水槽等の重量物を屋根に載せ、又は登録業者以外の者が、それらの取付工事もしくはアンテナ工事等のために屋根に上ることにより損傷を与えた場合
 [保障期間を10年とする屋根仕様]

  1. 瓦葦屋根(粘土瓦、厚形スレート、石綿スレート<彩色石綿板>)
  2. シングル葦屋根(アスファルトシングル、不燃シングル)
  3. 金属板葦屋根(ステンレス版、銅版)